目からウロコの風俗

プレイ中もまた、コミュニケーション

風俗のコミュニケーションといえば、プレイ前にあれこれ喋ってお互いが打ち解けることだと思っている人も多いかもしれません。確かにそれも「コミュニケーション」であることは否定しませんけど、それと同じくらい、風俗のプレイ中、つまりはベッドの中でのコミュニケーションもまた、大切なことなんじゃないかなって。相手が奉仕してくれるじゃないですか。そこで無言で快感に浸るだけじゃなくて、「上手いね」「気持ち良いよ」といったように、こちらも口に出すことによって相手だって安心感が出たり、もっと気持ち良くさせようとか、自分の攻撃は間違っていないんだとか思ってもらえるじゃないですか。それに攻めるのが好きな風俗嬢であればそれがモチベーションにもなりますよね。逆の立場で考えれば分かるじゃないですか。どれだけ攻めても何も反応してくれないような風俗嬢だったら、やっぱりあまり攻めていても面白くないんじゃないかなって思いますしね(笑)

ダルかったんですよね

何となくダルかったんです。それは気持ちの面じゃなくて体が。もしかしたらこれは風邪の引き始めなのかなって思ったんです。まだまだそこまで体調が悪い訳じゃないんですけど、このままだと確実に風邪引くんじゃないか。そんな感じだったんです。そう言った時には栄養摂取と休息。そして適度に汗をかくことが大切だと思うので、野菜中心の外食を済ませた後に風俗に行ってきたんですよ(笑)風俗に行く余力というか、それだけは大上手だったので足を運んで楽しんできました。熱戦になったので、それなりに汗をかいたのは言うまでもありませんが、だからなのか、風俗店から出る頃にはダルさも消えていましたね(笑)不思議なものですけど、それだけしっかりと頑張ったってことでしょうね(笑)汗をかいて熱くなって、そしてシャワーを浴びて。そのおかげで適度に良い運動効果となったのか、次の日朝起きたら前日のダルさが消えていました。だから風邪の引き初めには風俗ですね(笑)