目からウロコの風俗

当然ですがこだわりは持っていますよ

適当に遊んでいるように思われるんですけど、風俗ではこだわりも持っているんです。むしろそのこだわり以外に関してはそこまで気にしていないからこそ適当に遊んでいるかのように思われてしまうんでしょう(笑)そのこだわりとは、前髪なんです。前髪を作っている風俗嬢が好きなんですよね。その方が可愛らしいじゃないですか。前髪を流している風俗嬢って何となくですけど大人っぽいですよね。だから綺麗系ってことじゃないですか。綺麗系の風俗嬢も嫌いではないんですけど、個人的にはそれよりいも可愛い雰囲気の風俗嬢の方が好きなので、前髪のある風俗嬢の方が好みかなって。だからそれだけです。それ以外は本当に特にこだわりがないんです。強いて挙げるなら、あまり並ぶのは好きではないので、待ち時間の短い子が良いですね(笑)予約していくことはほとんどないので、結局は運任せですけど、待たないで遊べて前髪のある風俗嬢。自分が求めるのはそれだけなんです。

思えば一歩目は…

思えば初めて風俗を楽しんだのはピンサロだったんですよね。初ということで、まずは手軽と言われているピンサロにしてみようって思ったんですよ。会社の近くだったのもあって行ってきたんです。そこで今に至るまでの風俗人生が始まったんですよね。実際に遊んでみて思ったのは、とにかく楽しいのもそうなんですけど、自分が主役ってことですね。自分であれこれ考えつつ、それを女の子に実践してもらう。これが出来るんだなって。その日はピンサロで短時間で、しかもあっさりとしたものではありましたけど、それ以降、風俗の世界にハマるようになっていったんですよね。ポータルサイトなるものがあることも知りました。これならいろいろなことが出来るんだなって事実も知れましたし、さらには他にもいろんな楽しみ方があるんだなってことも分かったので、風俗って男にとって文字通り無限の可能性のあるジャンルなんだなってことに気付かされています。だからこそ、今でも好きなんです。